ネイティブが使う英会話「Dying to – 〜したくてたまらない」の意味と使い方

英語

dying to ブログ 表紙

Hello!

東京・駒沢の英会話・英検対策・スペイン語教室
Borderless Communicationです。

今日のWord of the dayは

「Dying to」

「Die = 死ぬ」の進行形「Dying」、
なので「死んでいく」的な意味かな?と思いきやそうではなくて、

「〜したくてたまらない」

まぁ、死ぬほど何かをしたいってことですね。

ちなみに、「to」ではなく「for+名詞」に置き換えると、
「(名詞が)ほしくてたまらない」 という意味になるのです!

例として…

I’m dying for some water.
水がほしくてたまらない。

He’s dying for a holiday.
彼は休みが欲しくてしょうがない。

という感じです。
この2つの使い方、
簡単なのでまとめて覚えちゃいましょうね!

英会話や英検・TOEIC・TOEFLやIELTSなどの試験対策は毎日コツコツ覚えるという積み重ねが重要ポイントです。この記事を読んであなたもグッと一歩バイリンガルに近づいたはず!Keep it up!!

********************************************
英会話教室・英検対策教室・スペイン語教室
Borderless Communication

東京都世田谷区駒沢1-4-8-101
TEL: 03-6453-1988
Mail: mail@borderless-jp.com
********************************************

関連記事

この記事へのコメントはありません。